オフィスにパーテーションを導入して会議室を作る

オフィスの改装にパーテーションを利用する

オフィスを改装しました。
下はすべて絨毯を敷いて土足は禁止になったので、少し不便を感じるという社員から反対の声も上がりましたが、結果的には清潔なフロアになったのでよかったです。
かなり長細いオフィスだったため、片側を全て廊下にして部屋を3つ設けることに決めました。
部屋の仕切りをどうするのか検討していましたが、結局パーテーションで仕切ることに決まりました。
どのように区切るのかをまずは考えます。
真ん中に資料室を置き、左右に会議室と応接室を設ける案で固まりました。
資料室と応接室はほぼ同じ大きさのパーテーションで仕切り、各部屋を設けます。

パーテーションで席仕切った方が作業の集中力が上がるらしいと昔聞いた気がするけど、今まで入った会社でパーテーションで仕切ってたの1社しかないのだが他社はどうなのだろうか?
因みに個人的には、作画机で仕事してた時が一番集中力が高まったので、作画机で仕事するのおすすめ。

— 山﨑満 (@ryurei_300) 2019年7月15日
仕切るのは高さ2メーターほどにしました。
その上は空間を設けようと検討していましたが、会議室、応接室で同時に話をしたときに少しだけ声が漏れ聞こえることに気がついたため、やはりアクリルの板でふさいだ次第です。
やや厚めのパーテーションを使用したので、会議をしている最中に外部の音が聞こえたり、逆に廊下を通った時に会議の声が外に漏れない状態を作ることに成功しました。
色はすべて白で統一しました。
うちのオフィスは基本的に白を基調としており、清潔感と広い空間に見せる工夫にこだわっています。
床の絨毯は青系の落ち着いた色にしているため、落ち着きの良い色使いが気に入っています。

オフィスの改装にパーテーションを利用する改装には専門家の意見をもらって慎重に検討改装を頼んだ業者はアフターフォローがしっかり有り信頼できた

オフィス パーテーションオフィスのパーテーション